FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

11月18日 チャート分析 リアルタイム戦略

チャート分析 リアルタイム戦略

 

今日も現在のチャートでの分析、戦略を書いていきます

 

まずは昨日書いていたEURAUD

EURAUD1時間足


昨日の段階から戻りを作ってきて
1.5596付近のラインとチャネルラインが
重なるポイントが綺麗に意識されて
下げてきましたね

 

ラインが意識されて下げた状態ではありますが
この時間足で言うとまだ調整波の流れは
上方向であり、崩れたわけでは無いので、
ここからどこで調整波が崩れていくかを
考えていきます

 

そこで次に意識されそうなレートを
見ていく事になりますが
そうすると1.5508付近が
意識される可能性が高いので、
ここから調整波が崩れていくためには
ここでの動きを見ていくほうが良いかな
という感じです


なのでEURAUDの1時間足の戦略としては
1.5508を抜けて切り下げていくようであれば
売っていく戦略で良いと思います

 

大きめの波形での動きになるので
まだ少し時間はかかりそうです

 

それではもう少し小さな時間足を見てみます

EURAUDの5分足

EURAUD5分足

昨日の動きから
綺麗にレンジで上げていった
という状態ですね

 

切り上げがもう少し綺麗だった方が
エントリーとしては入りやすかったかと思います

 

そして今現在は上昇の流れが終わって
最後に高値を更新した安値を
抜けてきているので
ここから下降トレンドになっていく
という想定ができる状況です

 

EURAUD5分足 下降トレンド狙い

ブレイクの幅も十分にあるので、
ここからラインへの戻りを待って
反転したら売り狙いという戦略です

 

1.5568が意識されていることが確認できるので
戻りの目安として見るラインはここで
良いかと思います


ここまで戻って反転していけば
綺麗に次の波形をとっていけそうな
イメージですが、
1つだけ気を付けるところとしては
波形がこれも大きめなので
反転確認をしっかり行う事です

 

波が大きいとどうしても
切り上げ切り下げの確認が
小さくなってしまったり、
抵抗の確認が弱く早くエントリーを
してしまいがちですが
多少エントリーは遅くなっても良いので
しっかりと反転したことを確認していくことが
大切になってきます

 

 

次はGBPJPYの1時間足

GBPJPY1時間足 ポンド円

153.68付近のラインをブレイクしての戻りなので
ここからトレンド転換して
上げていくことを想定して良いかと思います

 

このまま153.68付近のラインから
反転して上げていくか、
もしくは153.48付近も意識されてそうなので
ここまで戻ってきてから反転していくか
というのを考えて見ています

 

そして反転の際に見るべきポイントとしては
今現在ちょうどどうなるかというところですが
154.03付近のレートです

 

ここが意識されてそうなので
154.03を抜けて明確に切り上げていくようなら
買っていくような戦略で良いと思います

 

次はUSDCHFの1時間足

USDCHF1時間足 ドルスイスフラン

今現在はトレンドラインが
綺麗に意識されている状態です

 

ここから反転していくようであれば
買いを狙っていく形で良いと思います

 

その際に意識されそうなのが
0.9291、もしくは0.9294付近

 

ここを抜けて切り上げていくようであれば
買いで入っていっても良いと思います


トレンドラインが崩れてくる可能性も
高いと思いますが、
それでもまだ目線を切り替えるという
わけでは無いので、
次は水平線での買いを考えていく状態です

 

その際に意識されそうなポイントとしては
0.9236付近のラインか、0.9188付近のライン
で見ています

 

今回は以上です

前回チャート分析の記事を書いてみたところ
反響が結構あったので
今後もまた更新していこうと思います