FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

水平ライン編

守られやすいラインを判断するときのポイント

ラインを使ってトレードする上で大切になってくることはそのラインが意識されているラインであるかどうか、ということです 自分がトレードしたいがために引きたいように引いているライン、見たいように見ているライン、なんていうのは根拠としては全く意味が…

ラインは今現在意識されているかが大切

ラインを引いてトレードする上でしっかりと意識されているラインを認識することはとても重要になります これは何度も言ってる事ですが、しっかりと他の人たちにも意識されているラインを引くことで、それが今後も意識される可能性の高いライン、ということに…

レンジ相場のトレードもトレンドに合わせてエントリーする

レンジ相場のトレードについては説明しましたが、実際レンジ相場でトレードする際に意識したほうが良い大切なことがあるので今回はそれをお伝えします ▼先にCHECK『レンジ相場でのトレード方法』 それは何かというと、レンジ相場でも流れに従ってトレードを…

レンジ相場でのトレード方法

レンジというのは相場に偏った力がかかっている訳でも無く方向感が無く横に動いているような状態ですが、レンジ相場でもトレードをしていけることでエントリーチャンスは増えてきます トレンド相場のほうが方向性も分かりやすく、力が一方向にかかっている分…

レンジ相場でトレードする際のラインの引き方の基本

ラインを元にトレードをしていくのならばいかに意識されているライン、機能する可能性の高いライン、というのを認識していくかはとても重要になってきます これはトレンドラインでも水平線でも同じことです そしてラインの細かい見方や判別方法というのもそ…

トレンドを狙う上でのブレイク幅の目安

トレンドの状況でトレードしていく際にしっかりと前回高値(安値)からブレイク幅があるか、というのは大切になってきます ラインは売りと買いが拮抗するポイントなので少しブレイクしたぐらいではまだ反対勢力が諦めておらず、エントリーしても直後に戻され…

ブレイク幅をしっかり見たほうが良い理由

ブレイクラインでのトレードをするときにそのブレイクラインを抜けてからの押し戻りを狙うのが基本ですが、そのときにしっかりとブレイクしてある程度の値幅をブレイクできているか、というのは大切になってきます 慣れてくればブレイクの値幅が小さくてもロ…

ラインの強さを見るコツ

今回は意識されているラインを 判断するために見るべきポイントを お話しようかと思います 何度か意識されていたり 止められているところを ラインとして認識するという お話はしました そこから、 ラインの強さを見るためにもう一つ 見ておいたほうが良いと…

どこが意識されているかを見てラインを引く

ラインを引くときに、 よく高値や安値を意識して引く人が多いです 実際ブレイクのラインは 基本的には前回高値、前回安値、 というのを見ていくイメージです しかし厳密に言うと、 本来はその付近の意識されているポイント、 をしっかりと見てそこにラインを…

ブレイクのラインの定義を他のラインと区別する

ブレイクのラインまで押し戻りを待って エントリーを考えていくときに、 よく間違いやすいポイントがあるので 書こうと思います ▼先にCHECK『ブレイクのラインはどこを見るか』 『ブレイクのライン』と 『トレンドが終了するライン』 ですが、これは基本的に…

ブレイクのラインはどこを見るか

トレンド判断ができるチャートの場合 ブレイクのラインでの押し戻りを待って エントリーをしていけるチャンスとなります ▼先にCHECK『ブレイク後のエントリーの基礎』 ではブレイクのラインは どこを認識したらいいか? というところですが、 基本的には前回…

ブレイク後のエントリーの基礎

・レンジの状況で意識されている高値安値ラインをブレイクした後・トレンドの状況で前回高値(安値)をブレイクした後このときにはエントリーのチャンスになる場合が多いですこのときの環境認識としては、両方ともトレンド状況の判断でエントリーをすることに…