FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

エントリー環境編

トレンド狙いのエントリーで綺麗に伸びていきやすいポイントは?

以前に、今からする自分のエントリーの優位性がどれだけあるかを考える、ということについて説明する際に自分と反対側の目線の人たちがどれだけいてその人たちが諦めるポイントやその人たちがあまりいないようなポイントで勝負をしていくことが大事だ、とい…

エントリー前の確認は必ずしも三尊・逆三尊とは限らない

前回、エントリー前の確認事項でチャートのイメージとして調整波に三尊・逆三尊(ヘッド&ショルダー)が出たのを見てエントリーをしていくというのをお伝えしました 基本のイメージとしてはそのようなイメージで見てもらったら良いかと思うのですが、ではな…

エントリー前の切り上げ切り下げ確認のイメージ

エントリーの際にしっかりと意識されているラインで反転して自分が狙っている方向に優位性が出たことを確認してエントリーしていくことが大切になります そうすることでエントリー後にすぐ逆行したり、無駄な損失を作ったりということを減らすことができます…

根拠が多いポイントで勝負することで勝率を上げる

トレードをする上で根拠というのはとても大切になってきます そろそろ上がりそうだから、そろそろ下がりそうだから、このあたりで反転しそうだから、というような感覚的なエントリーや感情的なエントリーはただのギャンブルなのでトレードで安定して利益を上…

自分のエントリーの優位性を考えるには逆の目線を考える

相場では常に買いと売りの両方がありその双方の売買注文が成り立つことでチャートが出来上がっていきます これは当たり前といえば当たり前ですし理解している方は多いと思います では、もう一段階深く理解をしていくためにこの売買について考えてみましょう …

今現在意識されている抵抗をローソク足から見極める

エントリーの際には上位足のラインや過去に意識されたラインなどでは無く、それよりも今現在意識さているライン、抵抗を考えていく必要があるというのをお伝えしました チャートの時間足を切り替えたり過去を遡らなくても今現在意識されている抵抗、というの…

上位足のラインよりも今意識されている抵抗を見る

少し前に、上位足のラインを気にせずにエントリーを仕掛けていくというのをお伝えしましたが、ここに関して追加で考えたほうが良いことについて今回はお伝えしていこうと思います 前回も書いたように今見ている時間軸の動きで綺麗なパターンが出ている場合は…

ローソク足が続くか見てダマシを回避する

エントリー後に思っている方向に伸びずすぐ反転してきてしまって損切り、いわゆるダマシを掴まされることも初めは多いかと思います 100%これを無くすということは難しいですが、ダマシを減らすことはできます そのときに見るべきポイントとしては重要なロー…

何が起きたよりもどこで起きたかが重要

テクニカル分析においてローソク足1本1本がつくるプライスアクションには意味があり、ローソク足が集まってできるチャートのパターンにも意味があり、それらを元に様々な分析を行います どうなったら反転する可能性、どうなったら伸びていく可能性、どうなっ…

エントリーの際に上位足のラインは気にするべきか

エントリーできそうな状況だけど、すぐ近くに上位足のラインがあるのでエントリーしていいのか気になる、という方がいるみたいなのでそのことについてお話します 結論から言うと、気にせずにエントリーするべきだと思っています しかしもちろん何でもかんで…

調整波の別の時間足の動きに応じたエントリーポイント

エントリーの際に調整波を考えていくことはとても大切なことですが、その際に調整波の動きを安定して捉えていく必要があります 具体的には、調整波の動きを見るときに下の時間足の人たちの見ているチャートや心理、ポジション、損切り位置などを考えていくわ…

調整波と推進波の目線が合うポイントでエントリーする

エントリーをする際に大切になってくることはいかに反転を確認して確実にかつ早すぎず遅すぎず的確な場所で自分に優位性のあるエントリーをしていくことだと思っています 早すぎるエントリーでは損益率は良いですが勝率が安定せずに利益が安定しません 逆に…

フラクタル構造から身近な反対勢力を考える

時間足にはそれぞれにトレンド、というものが存在し、今現在の流れの方向というものが存在します よくマルチタイムフレームでチャート分析をしている人に多いのが長時間足の流れにそって、短時間足もその流れになったタイミングでエントリーをしていく、とい…

損切りを狙うか損切りを見てから入るか

エントリーをする際に人の損切りがどこにあるのか、というのを考えることは重要になります なぜなら、チャートは基本的に新規の注文というよりも損切りによって作られていくことが多く、そのほうが方向性もはっきり出やすく力が偏って勝率の高いエントリーが…

エントリーまでの順番を必ず守ること

検証の段階では自分の中でエントリーポイントも分かっていて綺麗にとっていけそうなイメージがあるけど実際に動いているチャートを前にすると上手くいかない、そんな人も多いかと思います このような原因はいくつかありますが、その中の1つとして、エントリ…

トレンドで一番初めにエントリーできるポイント

チャートを波で認識し、トレンドが出ている方向にこれから完成する波を想定してその波を取りにいく、これが基本的なトレードの考え方になります トレンドが発生している状態ならトレンドが崩れるまでは常に新しい波が作られてトレンドが継続していくので、一…

エントリー時に切り上げ切り下げを見ること

エントリーしたけどすぐ逆行してしまう、こういうことを減らすためにエントリーの際に切り上げ、切り下げを確認することは大切になります 自分が今まで見ている波の大きさでは無く、その波の1周りほど小さい波での切り上げ切り下げを確認するイメージです 今…

エントリーパターン完成までの時間を把握しておく

エントリーをするときに自分の中で気持ち的にも余裕を持ってエントリーすることは見落としやミスを無くす上でとても大切になってきます 特に複数の通貨を監視している方は実際エントリーのチャンスは多いですが、しっかりとそのチャンスをいかしきれず、見落…

押し戻りや反転のどのあたりでエントリーするか

エントリーの際にいわゆるエントリートリガーは人それぞれだと思いますが、ある程度判断するポイントは何を見ていても同じような場所になる場合は多いです トレンドの状況であればトレンド発生中の押し戻りを作ってまた伸びていくポイントレンジの状況であれ…

推進波と調整波から考える優位性

トレンドでのエントリーを行っていく際に、 現在がレンジ状況では無いか、 トレンドの状況となっているか、 を確認することは大切です しかし、ただ波形だけで それを認識してエントリーしていくのではなく、 今現在の力関係をしっかりと見てから エントリー…

押し戻りを待つことが大切

ラインを引いてトレードをするときにラインをブレイクしたと思ってすぐにエントリーをしようとする方がいます ブレイクしてすぐのエントリーはダマシを掴まされることが多く、戻ってきて損切りになる可能性も高いので安定した利益が積み上がりにくいです 必…

トレンドの流れが変わるためには力が必要

チャートを波形認識とダウ理論で現在のトレンドがどこから始まり、どこで終わったか、を意識するという内容を以前にお話しましたその際に考えたほうが良い点をお話します上昇トレンドであれば『最後に高値を更新した波の安値』を割ったらトレンドが終了し、…

この後の綺麗な波をイメージできるところでエントリーする

チャートの動きを波で捉えて見れるようになってきたら、実際に波のイメージを持ってエントリーを行っていきますエントリーのポイント自体は、抵抗線や反転の判断など、色々な要素を細かく見ていく必要がありますが、まずはある程度のエントリーポイントを探…